POSシステムを比較!

POSレジと普通のレジの違いは?

POSレジと普通のレジにはどんな違いがあるのでしょうか?

a0002_004890_m

普通のレジは
売り上げ金額の計算、記憶が主な用途です。

対して、POSレジは、

  • 売上集計
  • 小口入出金登録
  • 統計・分析
  • 売れ筋商品統計
  • 単品統計
  • 部門管理
  • 店舗別売上管理
  • 購買顧客属性
  • オーダーエントリー

など、普通のレジではできない機能がたくさんあります。

また、POSレジは従業員の計算ミスなども防ぐことができるので、
店の売り上げが上がるだけではなく、
店で働く従業員のためにもなるものです。

「レジのお金と売り上げが一致してないじゃないか!」

「すいません。。」

などのやりとりもなくなり
雇用する側、雇用される側の双方にとって嬉しいシステムとなっています。

一言でまとめると、

”経営効率、作業効率がアップし、コストがダウンする”

というシステムです。


POSを導入する前にチェック ↓↓↓↓