POSシステムを比較!

POSレジの導入事例(コンビニ編)

POSシステムを使ったレジをPOSレジと言います。
現在では様々な業界で導入が進んでいます。

laptop-keyboard

ここではコンビニでの導入事例を見ていこうと思います。

 

コンビニでの導入事例

 

コンビニで買い物をする時、
レジで商品のバーコード、JANコードをスキャナーで読み取ります。

このバーコードを読み取るだけで、
価格、商品名、日付、賞味期限などの情報をリアルタイムで処理できます。
受け取った金額、お釣りの計算も自動でできます。

これが何を意味するかというと、
各店舗のPOSレジでの情報を本部で一括で管理できるのです。

それによって、各店舗の売上、売れている商品、顧客属性、回転率などがわかります。

”この店ではこれが売れている。”
”この地区ではこれは人気がない。

などを確認することで、

”この日はこれが売れる。”
などを計算することができます。

これをすべて手動でするとなると、
従業員の作業負担が多くなり、ミスが出て非効率になります。

「雨の日はビニール傘の横にある唐揚げが売れる」

などがわかるのもこうした細かいデータをとっているからなのです。

このようにPOSシステムには在庫管理、売上分析などができるため、
販売戦略を立てるためにも必須のシステムと言うことができます。


POSを導入する前にチェック ↓↓↓↓